ホントは田んぼと畑の中なんですけどね。へたっぴぃなフルート練習の不定期日誌が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

もらっているもの

昨年末にブログをはじめ、いろんな方々と交流していただいてます。
そんな中で色々と頂いた練習方法や状態や音への意識があります。

「息の通り道と脱力を意識して、その上に響きを載せていく」
:すとんさんから。
「鏡で唇の穴の形、フルートの当て方をチェック」「いつでもきしめん製造機!」
:tomomi-alooohaさん
「常に遠くまで通ることを意識しながら音を出す」:たかさんさん
「メトロノームを活用する!」:小夜子さん
他にも音楽への意識や趣味の楽しみ方、日ごろの健康まで本当にたくさんのことを
頂いているのですが、とりあえずここではフルートに限るとして
そりゃもう練習時間が足りないくらいです。(って、それは足りないんですけど..)
おかげさまで少しずつ進歩してるんだなあ
続きを読む ⇒
スポンサーサイト
【 2009/05/27 19:50 】

個人練習備忘録  | コメント(7)  |

イメージ変化、そして現実

ノブロというひとのメロディ-という曲ですが、先生に勧められるまで
実は見たことも聞いたこともありませんでした(笑)
で、曲名のイメージと、静かに始まる楽譜の雰囲気から
旋律の美しさを聞かせる、風景画的な音楽をイメージしました。
でも、先生の指導で曲を作っていくと(全然作れてないんだけど
というか受け手がまずいよ。技量も感性も足りないんだよなぁ。
けど、ま、作りたい雰囲気ってことで見逃してね)なんか大分違う。
テンポをつめ、緩め、強弱をダイナミックにつけ、間を取り. . .
フルートは息の楽器だしねぇ。息の流れで音楽が作れるなら
感情を歌った音楽になるのに! (そう。私じゃならんの.....どうせいと?)
って、風景画と全然違うじゃないですか><
 (自分の音楽性の無さを痛感しましたねー)

それにしても、
せんせいは何を見てこんな難しいのを勧めてみたんでしょ?
目の前の音を出すのに必死です。
自分の出している音を流れで聞けません。
それどころか指使いさえはちゃめちゃになってます。
これ、音楽なの? 騒音になってると思うんですけど. . .

発表会って、いったい、どうなるんでしょー
【 2009/05/19 22:10 】

個人練習備忘録  | コメント(8)  |

GWを抜けました

久しぶりな更新です。生きています。
やっと連休モードを抜けました。
復帰したフルートですが、7日にメンテしてもらって楽器自体はとても調子がよい。
けど、奏者といえば. . .サボりすぎにて. . .
休符の前が怪しい。フォルテでのどに力が入る。
16分音符2つ+8分音符1つにスラーが掛かった音形が続くところ。ピアノ。
お腹はロングトーンでずっと押し続け、舌で区切っていく。
基本なんでもお腹で押しなおす癖が付いちゃって。
ロングトーンをタンギングで区切っていく練習でもしてみるか・・
(あまり基礎練習を取り入れると課題の曲や発表会の曲を見る時間が...)

発表会に日付だけは進んでいるのだね。
まずいっ
【 2009/05/13 06:54 】

個人練習備忘録  | コメント(5)  |
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。