ホントは田んぼと畑の中なんですけどね。へたっぴぃなフルート練習の不定期日誌が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

アップロードテストを兼ねて

録音アップロードのテストです

ガリボルディさんの易しい2重奏曲集Op.145Aから1曲目の2ndパートです。
最後途中でちょちょ切れてますけど(笑
2重奏の2ndパートなので、これだけじゃ?ですね

自分で感想:一生懸命吹いてますって感じ
音が硬い! 強弱なし!テンポも硬い(苦笑)
まあ、こんなものなのでしょう。
あまり幻想は持ってなかったりします。
というより、もっと下品なというか雑な吹き方になってるかと思ってました。
(音が途中で膨らんだり、音の終わりがあっち向いたりこっち向いたり、品性を疑う?ような吹き方をしていて、録音を聞いて愕然とした記憶があります。遙か昔、生徒の頃ですが(笑))
これなら、このまま上手くなって 音の粒や終わりにも意識を払っていけば、そのうち聞くに堪えるかもしれない と希望してます(笑

こんな録音じゃ興味を持つ方は居ないかもしれませんが、上手な方と吹くと、あるいは気のあった人と吹くと、あるいはまあ誰と吹いても(笑)楽しい曲ですよ。
ということで、曲の紹介です :アルテ1巻末の付録でおなじみのGariboldiさん。
6つの2重奏曲集からなるOp145は順番に難しくなっていく構成で、Op145Aは最初の、つまり、一番易しい曲集の1曲目です。難しいのは吹けませんから(笑)。 私の持っているのはシンフォニアが出版したもの。他にオンキョウパブリッシュからも出ているようです。
って、もう少し上手に、というか、楽しげに録れてないと合わせようって気にならないですね(汗。







【 2009/01/30 17:38 】

個人練習備忘録  | コメント(8)  |
<< ちいさな成果 | ホーム | お腹の支えが弱い >>

コメント

---  ---

こんばんは。遊びに参りました。
先程はコメントありがとうございました。
演奏拝聴いたしました。ガリボルディ、楽しい曲ですね。
それにやはり基礎ができていらっしゃるからでしょうか、
演奏に安定感があるなあと思いました。
また演奏聴かせてください。今後ともよろしくお願いします。
smilekumi  *  URL[編集] 【 2009/01/30 23:40 】
---  ---

 すとんです。やってきました。

 さっそく演奏を聴かせていただきました。

 ううむ、音が硬い? 自宅録音ですよね、こんなものじゃないですか? きちんとしたホールなら、残響も載りますから、やわらかめの音になりますが、自宅で簡易録音機での録音なら、こんなものだと思いますよ。むしろ、私なんかよりも、よっぽど柔らかめの音で演奏されていると思います。

 と、下手ッぴと比較されて誉められても、うれしくないか。

 フルートの音自体は柔らかめのやさしい感じだと思いますが、どちらのフルートをご愛用なされてますか? ヤマハ…? いやいや、すぐに他人のフルートが気になる、フルートフェチなもので…(汗)。すいません。
すとん  *  URL[編集] 【 2009/01/31 12:48 】
--- 素敵ですね! ---

先ほどは、ブログにコメントどうもありがとうございました。

お散歩さんぽさんは、学生時代
にフルートの経験がおありなんですね。
今はお嬢様と二人で練習なんて、素敵です。

ガリボルディの練習曲、きれいですね!
私も楽譜を持っていたら、二重奏ができるのに、残念です。
一生懸命吹いてる感じ、とおっしゃってますが、
私には軽々と吹いていらっしゃるように聞こえますよー。

フルートのお仲間ということで、
こちらのブログをリンクさせていただいてよろしいでしょうか?
今後もよろしくお願いいたします。
ひよこまめ  *  URL[編集] 【 2009/01/31 14:29 】
--- みなさまありがとうございます ---

>smilekumiさん
そう。楽しい曲なんですよ。
smilekumiさんの伸びやかな音とは較べられませんよ。

>すとんさん
実は、すとんさんのブログには年末からずっとお邪魔してました。すとんさんの音は太くていいですね。声楽をやってらっしゃるからなのかと羨んでます。羨んでも仕方ないんですけどね。
フルートは村松の総銀のリングキーモデルです。他の楽器をあまり吹いたことがないのでわかりませんが、よく鳴るけどハンドメイドほど限界が高くないのかな? これ以上息を受け止めてもらえないという限界です。いい音の限界という意味じゃありません。

>ひよこまめさん
お嬢様?そんな雰囲気じゃないですよ(笑)。でも楽しいです。他の音が鳴っていると、自分の音の雑音部分が気にならなくなって落ち込まないでいられるというのが最大の効用だったりします。
リンクですけれど、嬉しいです。こちらこそお願いします。
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/01/31 21:02 】
---  ---

 愛用フルートはムラマツでしたか。太めの音がしっかりやさしく鳴っていたので、ヤマハと思ったのですが、ムラマツでしたか。そういえば、ムラマツもそういう傾向の音ですものね。

 日頃、ブログでエラそうに書いていても、所詮はこの程度の耳なんです、私。馬脚ものです。

 それはともかく、ハンドメイドという言葉の定義によりますが、ムラマツフルートの売りは「すべての製品がハンドメイド」なんだそうですよ。ムラマツの総銀リングキーならば、普通にプロのフルーティストさんたちも本番の舞台で使っています。いい楽器をお使いなんですね。

>これ以上息を受け止めてもらえないという限界です。いい音の限界という意味じゃありません。

 だとすると、一般的には、材質アップの方向になりますねえ。重い金属ほど、息をしっかり受け止めるそうですから、次はゴールドかプラチナってことになりますが…お高いよお(笑)。
すとん  *  URL[編集] 【 2009/02/01 01:08 】
---  ---

>すとんさん
お返事ありがとうございます。
私なんぞ、何を聞いてもメーカーなんてわかりゃしませんから。見当が付くだけでもすごい耳だと思ってます。
そこまでの材質アップはきついので、進むとしたら管厚か銀純度か巻き管かでしょうね。ただし、携帯代に悩んでる状態から抜け出せて、その時にどれだけ進歩しているかに掛かってます。んなこと言ったら望みはないか?(笑
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/02/02 00:10 】
---  ---

わぁ。。。良い音ですね♪
2重奏、してみたいです!!
早速楽譜探してみよう(^^)
小夜子  *  URL[編集] 【 2009/02/03 21:25 】
---  ---

>小夜子さま
ありがとうございます。
きれいな音、になりたいですね(笑)
ええとっ
楽譜ですが、この曲に限りどこかにアップしようかと思っているのですが、PDFファイルとか張れないのですねえ。このコメントにメール入力してみたけれど、それってたぶんサイト主にしか見えないじゃないかと思ったり。。(もし見えたらフリーメールからでもメールしてください。そしたらPDFファイルでお送りします。)
アップ方法考えます。
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/02/04 19:27 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。