ホントは田んぼと畑の中なんですけどね。へたっぴぃなフルート練習の不定期日誌が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

3/11レッスン記録

(アルテ1巻 巻末ガリボルディ17番)
相変わらず吹くときの身体の使い方を教えていただいています。
スタッカートで息がフルートに十分入っていない。
どんな音でも息を入れていかないとフルートは鳴らない。
pは細くて長い息を使う。fは太く。
pは唇の穴を小さくする。唇の穴周辺の力で絞るのではなく上あご全体で。
息が出て行く穴が小さくなることで息の圧力はfよりも高くなる感じで。
のどや口はfと同じにあけたまま。

スタッカートは
pは細くて長い針を通す感じで。(「長く」を意識する)
fのスタッカートはテニスボールくらいの息を飛ばす感じ。(でかっ(笑)

呼吸関連
最後までお腹周りに力を入れていると使える息に限界がある
息を吸うと力が入るが、吐くにつれて力を抜いていく感じで。
ため息のように、「息を全部吐いたら脱力している」感じ。
前々回の復習
>お腹の力を使うのだけれど
>ただ力むのではなく、息を出すにつれお腹をへこませていく。
>お臍より下を斜め上に向けて押していく感じで。
>弱い音の息のスピードを変えない。
>スピードがなくなると向きが下に落ち気味になってオクターブ下が鳴る。
>(今の私です。下に落ちちゃいます。)
>息の圧を意識するとよいかもしれない
>(細くても息の圧はフォルテと同じように高いつもりで吹く)

3回前の復習
>お腹の支えが一定になっていないから音楽が不安定。
>お腹の支えを一定レベルのラインを保つ。
>fもpもそのラインを変えず、安定したラインの上に音楽を作る。
>そのラインを作るのを意識して。
>fでも今は息を節約しなくて良い。無駄に息を使ってもよいから脱力優先。
>脱力すると息が無抵抗に出てくる。フレーズをもたせなくてよいからそういう息で。
>pでも息をだすこと。もっと遠くまで息を送るつもりで。お腹から一定に送り続ける。

うむ。手を変え品を変え同じことをしているのだけれど
やっていることは似たようなものです。
まあ、でも、少しずつ前に行ければいいかな
【 2009/03/12 08:01 】

個人練習備忘録  | コメント(7)  |
<< 音だし | ホーム | 3/8日記 >>

コメント

---  ---

記録、きちんと書き留めていらっしゃいますね。
読んでるだけでお腹いっぱいになりました(笑)
参考にさせていただきます。
fのスタッカート、口にテニスボールをはめ込んだ
自分を想像してしまいました。アゴが・・
そういうことじゃないんですよね^^;
smilekumi  *  URL[編集] 【 2009/03/12 09:04 】
--- いい先生ですね ---

 呼吸、がんばってらっしゃいますね。

 お散歩さんぽさんの先生の呼吸は、ベルカント系の呼吸ですね。ま、もっともベルカントと一口に言っても、その実はたくさん流派のようなものがあり、ウチの先生とはだいぶ違いますが、そういう呼吸のコントロールの仕方もあります。

 お散歩さんぽさんの先生の呼吸のコントロールのやり方だと、上半身の脱力がキーポイントになると思いますよ。上半身というのは、鼻からへそまでの間の話です。じっくりと先生のいうとおりにレッスンしていけば、かなり良くなるんじゃないでしょうか。楽しみですね。
すとん  *  URL[編集] 【 2009/03/12 10:57 】
---  ---

>smilekumiさん
お腹いっぱいというか、もちろん1週間ではでききれず多くは次に持ち越しです。 レッスンも30分があっという間です。
参考になるならいくらでもどうぞ。(受け売りですけど(笑
>口にテニスボールをはめ込んだ
自分を想像してしまいました。アゴが・・
わははっ そりゃ無理ってか、そんなに大きく口を開けたら音出ませんがな(笑

>すとんさん
へえ、ベルガント系っていうのですね。色々情報ありがとうございます。
すとんさんの「腹式呼吸」読ませていただきました。ほんと、吐いていくための訓練ですねえ。そのうち肺活量も戻ってくると思いますけれど、まだまだ全然です。まあ、コントロールできるようになれば戻ってくるだろうし、それまでに戻ってきても使えないってことで、ゆっくり地道に訓練していくってものですね。
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/03/12 20:05 】
---  ---

呼吸かぁ。大事なんでしょうね。。。
いつかそういう練習が必要になったら相談にきますので教えて下さいね(^^)
私の先生は、そういう事に関して注意されないので…やっぱり私はまだまだそれ以前の問題なんだろうなぁ。
まずは高音力みすぎなのを何とかしないと…(^^;
小夜子  *  URL[編集] 【 2009/03/13 07:10 】
--- >小夜子さん ---

ひとそれぞれ、生徒さんそれぞれに得手不得手が違うってことだと思いますよ。
末娘と続けてレッスンを入れてもらっているのでそのレッスンも見ているのですが、呼吸は余り指導されてません(笑) 若いから、吹いていれば自然に身体も出来ていくということかもしれません。小夜子さんも若いから、じゃないかな? 
高音力みすぎですか? 私も言われます。誰でも最初は通るところなんでしょうね。だって出にくいんだもん(笑)
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/03/14 08:06 】
---  ---

若い???多分私…お散歩さんぽさんと、それほど変らないハズ。。。
今年はぎりぎりでアラフォー、来年はアラフィフですから~(^^;
高音、力まず自然に澄んだ音を出せるようになりたいです♪
小夜子  *  URL[編集] 【 2009/03/17 07:20 】
---  ---

去年四捨五入で50側に寄ったところです
力まず美しい高音を出したいですね。
お互いがんばりましょう!
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/03/17 23:26 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。