ホントは田んぼと畑の中なんですけどね。へたっぴぃなフルート練習の不定期日誌が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

久しぶりの更新

久しぶりの更新です(笑)
発表会の後、6月はレッスンがありませんでした。
発表会以来さぼり気味で更新する内容もなく、ただずるずると日を送り. . .
その間に職場で仕事場の移動があり、機械装置の引越しで腰を痛め
数日フルートお休みもしてました。(ブレスの最後を搾り出す(笑)ときが腰に悪い(笑))
課題を盛りだくさんに発見した発表会後、お休みしちゃあ意味がない?
全くその通り(苦笑

小夜子さんの発表会の曲と聞いて楽譜を見たら吹きたくなったハイドンのセレナーデ。
これ、ピアノで誤魔化すにはちとフルート主役過ぎ、ピアノ脇役に徹しすぎだよね。
でもでも、とてもとても素敵な曲です。
大きな流れはまだ置いといて、まずフレーズ内が自然に流れるのを目標に。
しかしっ! ぶつ切り音符が多いですな。(←自分で言うなら直せって
ちょっと速めだね。出だしの速さで続けなきゃ。
お腹で押して息を出すのを意識する。しっかり支え続ける。弱い音もね!
(高めの音が全滅。わははは。(←笑っててどうする!
息の速いピアノを意識して使ってみよう。
発表会で練習量が増え、楽器が鳴ってきた。それが嬉しい。(←楽器任せ(笑)

小夜子さん、がんばってね。
【 2009/06/28 08:53 】

個人練習備忘録  | コメント(7)  |
<< 久しぶりのレッスン | ホーム | 本番惨敗? >>

コメント

--- 腰痛 ---

大丈夫ですか?
お互い似たような年齢のようなので、気をつけないと・・・ですねv-390
私も毎日力仕事なのでギックリ腰だけには気をつけています。(いつなっても不思議ではありませんが)

こうやって自分の演奏記録を残していくと言うのもいいアイデアですね!
お散歩さんぽさんの成長記録ですねv-19
とてもしっかりしたクリアな音でいい感じじゃないですかぁ!?
次の目標に向かってお互い練習にがんばりましょうv-91
piccolo  *  URL[編集] 【 2009/06/29 07:22 】
--- ありがとうございます♪ ---

今職場の休憩中なので、演奏は後で聴かせていただきますね(^^)
ハイドンのセレナーデ…本当はハイドンの作じゃないというウワサもあって、実際の所はどうなのか気になる所です。。。
この曲、先生に言わせると「体力がいる曲」だそうです。確かに、休憩するところがありません(汗)ピアノもフルートも結構単調なので、C調で吹きやすいけど聴かせるとなると難しいなぁ~と思います。盛り上がる曲じゃない分、1つ1つのフレーズを大切に吹きたいですが、私もまだブツ切れです。。。
腰痛、無理せずお大事にしてくださいね。
小夜子  *  URL[編集] 【 2009/06/29 10:15 】
---  ---

演奏聴かせて頂きました。
お散歩さんぽさんの音色には不思議な魅力が詰まっていますね。言葉ではうまく表せないのですが。
ここは難しいよなってところをさらりと吹き上げてしまうし、私のねちっこい音色とは大違いだし(^^;)

腰、お大事になさってくださいね。
いつもボケとツッコミが面白いです(笑)
smilekumi  *  URL[編集] 【 2009/06/29 12:35 】
---  ---

聴かせていただきました(^^)
いやぁん!毎日練習しているのに私ってば…どうしましょ(汗)
お散歩さんぽさんのセレナーデは優しいですね~。ふんわり優しい音で癒されます♪
私は…どーもノーテンキっていうか元気良すぎっていうか。。。何も考えずに子供が吹いているみたいになってしまうのが悩みです。
まだ練習段階だけど…私も近いうちに録音してみようかな~。
小夜子  *  URL[編集] 【 2009/06/29 20:16 】
---  ---

>piccoloさん
ありがとうございます。
軽いぎっくり腰だったのでしょう。若くないのに無理しちゃいけませんね。それはそれとして、腰が痛い間は自然に良い姿勢でいたのに痛くなくなると元の木阿弥になってしまいました(笑) まったくぅ
録音は演奏記録というか、成長記録です。こういうヤツでも少しずつ吹ける様になって行くんだとか、楽しんでる人が上手な人ばかりじゃないんだとか、まぁそんな風に聞いていただければ十分です(笑) (同好の方々は親身な受け取り方をしてくださいますね。ありがたいことです。)

>小夜子さん
ハイドン作じゃないという話、原曲(弦楽四重奏)を調べてみるまで全然知りませんでした。今は別の人の曲だとされているようです。
優しいと言うよりつなげ過ぎ、きるべき所をきりましょうって(笑) アンダンテで吹くには体力が要ります。持たないからかなり速くしちゃってるもん。速度ころころ変わるしね。体内メトロノームが出来てないのです。ちゃんとした演奏にするにはまずメトロノームとお友達になってから、それからひとり立ちするのが順序なんだけれど、この曲メトロノームしてないもんでホントいいかげんにテンポが動いちゃってます。う~ん. . .
(先日の下降音形の話は出しやすい音域のことです。最低音周辺は勝手に弱くなっちゃうからカンケーナイのだ(笑))
発表会の練習って色々課題が出てきて一生懸命吹くから成長できます。発表会まで、楽しんできてくださいね。

>smilekumiさん
「不思議な魅力」ですか。ありがとうございます。昔から色々と言ってくれる方が居ます。「リコーダーみたいな音がする」 もちろんブリュッヘンさんだネ!(←大嘘  小学生のリコーダーかいっ 「フルートってもっと人の息が鳴ってる感がするんだと思ってた」 確かにそんなもんだ あはははは
smilekumiさんの演奏、好きですよ~。押し付けがましいなんて全然ないったら。伸びやかに鳴っていて素敵だよねえ。
実は、セレナーデにテクニックが難しいところはあんまりないのです。なのに難しく聞こえちゃうのは、あはははは(汗 修行しなきゃだねえ(爆)
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/06/30 07:57 】
---  ---

しばらくPCの調子が悪くて聞けなかったんですが、やっと聞くことができました。

この曲、はるか昔三村園子先生が、「フルートとともに」という番組をNHKでやっていた時のレッスン曲でしたね~。懐かしいなあ。

それはともかく、鳴ってきたんじゃないですか。後は練習あるのみですね。マイペースでがんばりましょう。
たかさん  *  URL[編集] 【 2009/07/05 18:09 】
---  ---

>たかさんさま
PCの調子が悪かったのですね。直りました? (詳しいことを書いていただいても判らない可能性が高いですけど(笑)
ありましたねえ「フルートとともに」
あれって三村先生の編曲で、前半分?だったのかな?もっとあっさりしてましたよね。

やっぱり判っちゃいますね。楽器が鳴ってきたんです(笑) 練習あるのみ、ですか。 よおし! なるべく休まないようにして維持していけたらいいなあ。
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/07/06 21:27 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。