ホントは田んぼと畑の中なんですけどね。へたっぴぃなフルート練習の不定期日誌が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

8月7日レッスン記録

いつもなら土曜の夕方は練習だけれど、昨日は妻が昼寝だもんでお休み。
退院後一週間働いて疲れてるんでしょう。

8月7日。 まず! アルテ2巻に入りました!
こんなんで2巻に入っていいのか?と思うのですが、
ゆっくり地道に進むなら何とかなるのかな?
アルテ2巻を勉強してます!とか言うと実力を誤解されそうだけど
まぁ、それを練習してて少しずつ上手になっていけるなら
(アルテさんには悪いけど、各課のお題をクリアするとか考えなければ)
何を吹いてても悪かぁないもんね。 
それに! アルテは先生と2重奏があるから(笑)

で、昨日は、16課最初の課題。ソフトタンギング。
JFCアルテの解説では
「外国の教本では大抵Tu-の代わりにDu-を用いる、と書かれているが、
Tu-もDu-も舌の動きは殆ど同じで、のどの動きが違うだけだから、
鋭くない柔らかなスタッカートの気分を表したものである」
とある。
えっと、これだけじゃどうやって実現するのか見当が付きません(涙)...
舌は同じでのどの動きが違う???...
舌を付ける場所は普通の?強い?完全な?タンギングと同じにして、と...
息は流したまま舌はそれを完全に止めず、
息の中心は止めてるけれど、舌の両側に息が流れてる感じ
と、やってみた。
けど、なかなかうまく出来ず...先生のご指導を待ってました。
待っていたレッスン。
最初に一言。
Du-は忘れましょう。日本語の「でゅ」はTu-より若干、口や舌に
力を入れて発音する傾向が有るそうで、意味が違っちゃうとのこと。
先生のやり方は、でゅ どぅ というより る 巻き舌のる に近いんだって。
息の流れが止まらないように、息を流したまま
巻き舌のルに近い、舌の裏側で上あご(から歯の内側?)を軽く れろん?
なんかそんな感じらしい。 

練習はまず、まず2G~3C(中音域ソ~その上のド)の間の音を使って
スラーで息を流し続けながら、る?れろん?、る、る、とやる。
(中音域の上のほうで練習する理由は、
ある程度高い音のほうが易しいから、だそうです。)
そしたらその次。
教本の課題の最初の2小節をスラーで息を流し続けて吹き、
そのときの息の流し方を身体で覚えておく。
次いでそのまま息を流しながらソフトタンギングでやってみて。とのこと。

舌を付けるところからして違うじゃん(笑) 
JFC比田井さんとは流派が違うんですね。
先生の方法で練習してみようっと。
(8/7レッスンは夜で、8/8は土曜日だったけれど練習できず、
まだやってみて無いんですよ(笑) これ読んだ皆さんとは条件が同じ? 
いや、先生の直伝と私の文じゃあ違いすぎますがな(笑))
うん! 先生に教えてもらうっていいなぁ。

ちなみに課題は全然進みませんでした。
でもでも、そんなのいいじゃない(笑)
【 2009/08/09 10:40 】

個人練習備忘録  | コメント(8)  |
<< 8/18レッスン | ホーム | 遊び合わせ >>

コメント

---  ---

 レッスン、順調ですね。第二巻突入ですか、思いっきり、実力を誤解しておきます(笑)。

 アルテの文字部分は、ウチの先生も「ここは読まなくていいから」と軽くスルーです。そんなものです。おそらく、流派の違いもあるでしょうが、時代の違いもあると思いますよ。だって、昭和35年(1960年)の本ですよ。もう、50年近く前に訳された本だもの。今では通用しなくなったり、間違いだと思われているテクニックが満載でしょう。

 何であれ、結果として、フルートがまともに吹けるようになっていれば、いいじゃない。私はそう思ってます。お互い頑張っていきましょう。
すとん  *  URL[編集] 【 2009/08/09 13:18 】
---  ---

>ウチの先生も「ここは読まなくていいから」と軽くスルーです。
そうなのですね。言われてみれば確かに昔の本だ(笑) 先生に付いてれば問題ないからいいですね。

すとんさんも順調なようで、課題が高くなっているご様子。お互いがんばりましょう。
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/08/10 20:20 】
--- 2巻突入、おめでとうございます! ---

奥様がお昼寝なので練習お休みなんて、お散歩さんぽさんはほんっとお優しいですねぇ。まあ父ちゃんが昼寝してるのとは訳が違いますから当たり前かしら(きっつー)

村上ショージの「どぅー!」が頭から離れません(^^;)
smilekumi  *  URL[編集] 【 2009/08/11 12:44 】
---  ---

>smilekumiさん
ありゃま、お父ちゃんのお昼寝はいかんのですか(泣き
近くに落ちた雷にもぜ~んぜん目を覚まさなかったもんで ちょっと損した気がしたのはナイショですョ
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/08/12 09:55 】
---  ---

アルテ2巻突入おめでとうございます。私が笛師匠からこの部分を教わった時、(ずいぶん昔の話ですが)実際にどんな発音するのかをやってもらった覚えがあります。文字で表わせない微妙な音でしたよ。すごく印象的でした。例えが悪いけど、犬の鳴き声は同じはずなのに英語と日本語で子音・母音とも違うでしょう。あんな感じです。

 先生とのデュエットは大変ですが(音の格の違いを見せ付けられるので)でも楽しいと思いますよ。私は楽しかったなあ。
たかさん  *  URL[編集] 【 2009/08/13 23:02 】
---  ---

>たかさん
ありがとうございます。ソフトタンギング微妙です(笑) 難しいけれど、使いたい場面が思い浮かびすぎるので、腰をすえてゆっくり臨もうと思ってます。
デュエット、楽しみです。
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/08/15 06:16 】
--- こんにちは! ---

休日の朝に、ゆっくりブログを拝見させていただいちゃいました♪
お散歩さんぽさんのブログは、空気がゆったりしている感じがして、なんだか癒されます~^^

アルテ、2に進まれたのですね。憧れるなぁ~。
私は15課第二ラウンドに入り、
(実は前の先生もいれるともう3周目・・・)
大先生、どうやら次にケーラーを考えているらしいことを嗅ぎ取りました。笑

お嬢さんとの演奏、拝聴いたしました。
「楽しい☆」キラキラした雰囲気が伝わってきました。
フルート、吹きたくなってきた!
合奏できる楽器って、最高ですね!
また遊びに来ます。
tomomi-aloooha  *  URL[編集] 【 2009/08/15 10:11 】
---  ---

>tomomi-alooohaさん
お褒めいただきありがとうございます。
良くも悪くものんびりして(弛んで?)いますから(笑)
15課第2ラウンドですか! 音楽表現をみっちり復習して、さらに先へ進まれるのですね。 まぶしいなぁ。
がんばってくださいね。次回のアンサンブル発表は聞きにいきます!
お散歩さんぽ  *  URL[編集] 【 2009/08/17 07:51 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。