ホントは田んぼと畑の中なんですけどね。へたっぴぃなフルート練習の不定期日誌が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

唇 ぷつぷつ

まだ なんてことないんです。
上唇の外面(よその人から見えるところ)と、下唇と接触してる面との 境界あたりが 長く吹いた後、ぷつぷつ、ちょっと違和感状態になります。ここ1年くらいかなあ。

2年位前から、匙のいくつかが金臭い刺激味感じるようになっちゃって、
 たぶん歳とって唾液や身体の成分とかpHがちょっと変わって酸性に傾いちゃったのかと。
(全部の匙じゃないし、ダメな匙も特定の点状領域に限られます。ステンレスも溶かす強烈唾液ってワケじゃなく、地金の欠陥領域、うまくステンレス化できてなくてちょっとの酸性で腐食しちゃう微小域が素直に腐食味するだけなんだと思います。要するに粗悪品(苦笑)。健康で唾液が中性な人にはバレないってだけ。)

ずうっときれいだったリッププレートもザラ付き加減になってきました。
 これも腐食してるんだろなあ。 イオン化して皮膚に、免疫系に晒す状態になっちゃってるんだろか。。。 ぷつぷつ、金属アレルギーだったりするんだろか? 
ちなみに、アレルギー 無い方じゃなく、おろし長芋とか食べて唇洗わずに居たりするとやはり、というか、こっちの場合は見てもわかるくらいに赤くぽつぽつでちゃったりします。似た感じなのです。。。。。いやだな~。

 まだ娘二人 学生なのに、たっかいフルート買えないのに! なんてこと!
いやいや、フルート休養とか ぜ~~んぜん 考えてません。
        自然に 天然に ノンアレルギー系フルートにする方向で(笑


お腹さぼり対策(重いの)とかノンアレルギー系とか。。。
 なんだか 全力で貴金属っぽいお話になってますね(笑


 金やプラチナのリップライザーとか、あるいはメッキでも どんな感じなんでしょ。
 金とかプラチナとか 買う気なかったもんで、リップライザーも、自分の吹き方まだ全然だし、
 こだわるなんて まだまだ先と思ってた。まじめにお試ししたことないのです。
  どこかでお試し してみよ~かな~
【 2016/10/12 22:27 】

不定期日誌  | コメント(0)  |

教室のミニ発表会がありました

土曜日に、通っているフルート教室のミニ発表会兼食事会がありました。
いやもう楽しかったです♪ 発表会の方は大人な生徒さん、始めたばかりの方からベテランさんまでがお互いに聴かせ合い、そして交流会。もはや気心知れた仲間が多く居て、おっさん同士、たいしてうまくもないのに語り合うのは真剣だったり(笑)、こういうのがモチベーションになります。
 皆さん進歩してるんですよ。子供たちほどの速さはないけれど、着実に。石の上にも3年とか言うけれど、本当に、ちょっとした進歩に3年も5年も掛かるんで たどり着く先の見当ついちゃったりしますけれどけれど、そんなにずっと こんなふうに過ごせるんなら なんてお得なんだろう!ってもんです。それになにより単純に音出してりゃ幸せだもんで。
 吹けたか吹けなかったかと言えば、吹けなかった悔しいところも多いですけど、6月の発表会の撃沈感と比べればもう。。お腹ひよらなかった!これが収穫でした(と、言うくらい普段は情けない支えが頻発してるのデス。引き続き 精進するのデス。)
 そして一番の収穫は 仲間と語らって やる気が 自分のフルート気分が明るくなったのですよ。
  ありがたいことです。
仲間に感謝!!
【 2016/10/04 21:00 】

不定期日誌  | コメント(2)  |

楽器愛

フルート大先輩の(と勝手に崇拝してる) とあるブログの奥様が、このたび特注のH足をあつらえたそうでございます。アマチュアの方なのですが、学生時代からまじめに取り組み続け、実力も楽団でソロを取るほど。つまり ソロどころか 楽団にも入れないワタクシからは雲の上のお方の、真剣さが伝わってくるブログに、なんというか いつも背中を押してもらっているのです。で、このたびのH足入手の巻も、フルート愛が思い入れやこだわりで いっぱい詰まってて こんな風になりたい、なれたらいいなあ と自分もいつか。。。こんな風に語れるかなあ。。って、だって 彼女がご自分のフルートを語るってば ほとんどお惚気ですよ? 羨ましいというか 自分のAD君が可哀想というか。。いい楽器なのに! 
 練習して もちょっと上手くなって いろんなの見えてくるようになるんだ♪
  いつか 惚気返してやるうっ!
【 2016/09/20 03:55 】

不定期日誌  | コメント(0)  |

7年ぶりに...

ブログお休みしてますが、フルートは何とか 習い続けてます。
あれから7年も過ぎたんだから、少しは上達してる...と、信じてるのですが、思ってるのですが、信じたいのですが(笑)。 まぁ当社比なら ちょっとは ね。 たぶん(笑)。
今日は、去年の発表を2つほどアップするのです。というのは、始めたころの盟友様(と、言って許されるのだろうか?一方的な想いである)が、フルート合宿での発表をアップしてくれていて、それがまた伸びやかで、上達されていて、これはもう、あやからねば、、、となった次第ナノデス。(今年の発表会も終わっているのですが、まだ録音が来ないのです。なので これが最新の"近況"ってわけです。)

盟友様のように上品じゃないなあと、我ながら思います。
音も心細い(不安定)ですし、録音も割れてる?なんかが共振してる?耳障りな音が混じってます。
中身は中年男の横好きの記録です。 聞こうって奇特な方は、心して(覚悟して)聞いてくださいませ。

まずは フルート2本とピアノの合奏。 高校生が1番フルートををやってくれて 私は2番です。
2番にもちょっとだけメロディーがありますけど、やはり1番さんが引っ張ってくれるので聞きやすいですね~。


次は問題のソロ! 
ソロって言ってもピアニストさんが付き添ってくれてるもんで 無伴奏とは全然違うんですけれど
そうは言っても 逃げも隠れもできないもんで しょぼさ倍増(苦笑
これでも 自分比では ずいぶんと ましな出来なんですよ。


ではでは。また逢う日まで! 次はいつだか(苦笑
【 2016/09/14 08:09 】

不定期日誌  | コメント(0)  |

8/18レッスン

もうほんとに、いつもいつも注意されっぱなしだけれど
身体に力が入っちゃってます。
身体が硬直してる感じだそうです。
身体を楽にして、横隔膜を上に上げていくように吐く。
というのだが、まずは身体の力を抜くところを重点に。

もう!全身ぐにゃぐにゃでよいから!!全身脱力して!!!
とまでいわれちゃってます(汗
(先生、絶望してたり...生徒の出来が悪すぎるのはわかるけど
それでも当社比やってるし、練習もしてるつもりなんだけど...)


「は~~」とため息を吐くように。
(ため息つきたくなるけど、それとは別ね(苦笑)
足も踏ん張って立たず、力を抜いて前に少し持ち上げた足を
すっと降ろしたそのままの感じ。両足ともそんな風に力を抜いて。
背中の力も抜く!

のどを上に広げない。
のどの上の部分は下げて、下の部分は下げて前に広げる感じで。
と、やってみたら今度は「舌の付け根に力が入らないように」と(笑)

吹くとまた力が入ってくるので2小節吹くごとに少し動いて力を抜いて!

これでスラーにして吹くと息がスーッと出てすぐなくなっちゃうので
息の圧はそのまま欲しいけれど量はそんなにいらない。
息を吐き出す力は欲しい。


こんなふうに先生にアドバイスをいただきながら、励まされながら
(最終通牒を突きつけられながら...じゃないよね?
せっかく気に入りそうな音になりつつある今。
アルテの課題も大切にしたいところだけど、両方取るには能が足りない。
しようがないからアルテの課題はちょっと粘らせてもらって
出だしの数小節だけを使って練習してます。
けどけど、実際に吹いてるところを注意され、指摘されるとよくわかるし
上手く行くんだけれど、自分だけでやっていると
ポイントがずれてくるというか、だんだん上手くなくなってくる。
なんだかなぁ...
それでも「せっかく気に入りそうな音になりつつある」と言い聞かせて
がんばれっ 自分! (笑)
【 2009/08/20 21:48 】

個人練習備忘録  | コメント(3)  |
≪ 前ページ  | ホーム |  次ページ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。